So-net無料ブログ作成
アニマルカイロプラクティック ブログトップ

久しぶりのカイロ [アニマルカイロプラクティック]

IMGP0826.png
「今日はすごく暖かかったよ。起きたらすぐに青山のカイロに連れて行かれたよ。ママがやってる間、眠くても我慢して起きてたのに最後の最後に不覚にもコックリ、、、歳のせいじゃないわよ〜!カイロでリラックスしちゃったせいだからね。てへへ」

期待と欲、、、 [アニマルカイロプラクティック]

 昨日はぽんたさんを家シャンプー。大して綺麗になってないけど〜洗ったという事実で満足(笑)。今はぽんた史上2番目に毛が短いので乾かすのも楽チン(ほんの10cm程度の差でも全然違います)。

 先日のアニマルカイロプラクティックでの話。
 ちょうどその前日と前々日はぽんたの足の調子が悪く、ふらつきや尻餅が何度も見られました。体調は別に悪くなさそうで食欲もあるし表情も明るく、足元だけがおぼつかないって感じ。そうなると足のことにばかり目がいってしまうんですよね、他が悪くないから。

 土曜日「どうですか〜?」の問いかけについつい「他はいいんですけど足が、、、」って訴えてしまいました。
 カイロプラクティックでも先生が行っている「ストレートカイロ」は症状の緩和の治療をするわけではありません。ただその人が持つ自然治癒力が正常に働くように手助けしてくれるだけ。「腰が痛い」「足が痛い」っていうのをその場で楽にしてくれるマッサージや鍼とは違うんです。わかってるつもりでも、ついつい、、、(苦笑)。

「足だけが、、、」っていう私達の訴えを聞いて先生がおっしゃいました。
「もしかしたら16歳のぽんたはベストな状態でも昔のようには歩けないかもしれません。それでも辛いとか苦しいところがなく本人は楽で幸せだとしたら、飼い主さんの「足がもっときちんと動けば、、、」っていう思いがストレスになるかもしれませんよ。例えば車椅子に乗っている方でもそれを苦に思っていない人もたくさんいます。その人に対して周りの人間がいつも「足が動けば、、、」って思い続けていたらどうでしょう、それは確実に相手に伝わりますよね、そしてものすごいストレスを感じるでしょう?」

 そうですよね〜。
 カイロを受けてからのぽんたは確実に元気になりました。食欲も出て体重も戻ったし、腎臓の治療もうまくいっています。毎日笑顔でマイペースで生活できていて、十分な効果をすでに得ているのに、、、、、、欲って果てしない。
 足もそのうち良くなるかも〜!っていう期待は持ってもいいけれど、それを目的としないこと。症状を見るのではなく、ぽんたを見ること。大事なことに気づかせてくださいました。
 自称「あきらめの悪い飼い主」ゆかちんですが(笑)、自分の欲の押しつけはやめないとね。
写真14.png

バッタリ率(?)高し! [アニマルカイロプラクティック]

CIMG3765.JPG

 今日は4回目のカイロプラクティック@青山でした。
 最近のぽんたさんはブログ写真でも分かるようにお顔イキイキで、腎臓の調子も○。食欲もあるし元気!、、、それでも足は相変わらずのヨレヨレなんですわ〜。元気だし寝る時の辛い様子も無くなったしこれで十分といえば十分なんですけど、、、やっぱり足も良くなって欲しい、、、って思う欲張りな飼い主です。まだ今後に期待してますよ〜もっと良くなるって(欲深い!)。

 カイロの先生のところは目の前が公園で毎回たくさんのわんちゃんを見かけます。今日はちょうどお昼時だったせいか犬影もなく、、、と思ったら私達の後ろから飼い主さん二人とわんちゃん一匹がやってきました。その飼い主さんが嬉しそうにぽんたを見ながら近づいてきて「ラサ・アプソですか〜?」と声をかけてくださいました!(驚)

 ラサだとわかるのは=関係者!ってことで(笑)この方は元ラサオーナーさんでした。黒毛のオスのラサ・アプソで17歳まで生きたそうです。携帯に入ってる画像を見せてくださって目の大きなかわいいお顔のラサでした(最後まで白内障にならなかったそうで目は真っ黒でキラキラ!お顔の毛は歳をとって口周りが白くなったそうです)。
 今はチベットつながりでチベタンスパニエルを飼っていて、連れていたわんちゃんがそうでした(初めて見たので、正面から見たら薄毛のペキニーズかと思いました(汗)横から見たら鼻がだいぶ出てて全然違った(大汗))。
「頑張ってね〜!」って応援されて、うちも17歳!って勇気わいてきましたよ!
 それにしても我が家「バッタリ!ラサ関係者率」(←なんというセンスのないネーミング)が高いような気がします(笑)

 遅いお昼ご飯は青山@犬連れで入れるカフェで「CAFE246」へ。カイロのすぐ近所にありました。場所柄か外人さんもちらほら。テラス席(半屋内?屋根あり壁も一部&覆いあり)犬OKです。
写真13.JPG

「行きたくな〜い!」の悲鳴? [アニマルカイロプラクティック]

 昨日は3回目のアニマルカイロプラクティック@青山でした。
 車が高速に入った途端、「ぎゃ〜ぎゃ〜!」と車の助手席で悲鳴を上げ始めたぽんたさん?!(驚)どうやら「降ろせ〜!」と言ってるようです(困)、、、でも高速だし、、、無理よ〜!
 鳴き続けるぽんたをなんとか宥めながら永福のパーキングまでたどり着き、車から降ろしてみましたが特に排泄するでもなく、、、少しウロウロ歩いただけ???
 現地に着いて歩かせたら右足の運びがおかしくなってたのでバッグの中で足の位置が悪くて痛かったのかもしれません???

 カイロの先生には「ここに来たくなかったみたいで悲鳴をあげて抗議してました〜(笑)」と報告。
 施術後はウロウロと院内徘徊をしたり眠いのを堪えて舟を漕いだりしながら頑張ったぽんたさんでした。

 午後は多摩センターでランチ(テラス席のみ犬可なお店)しながらいつもの病院が開くのを待って、注射と血液検査(点滴は持ち帰り)。
 結果はBUN33、CRE1.7。ホモトキの注射を週に1回に減らしてみましたがいい数字が保てています!(嬉)今後もこのペースでしばらく続けてみます。
 
120520_165159.jpg

 画像は今日義妹がプレゼントしてくれたアロハ柄夏服。クール仕様だそうな、、、似合ってる?(笑)

寝姿勢の変化 [アニマルカイロプラクティック]

 少し前に最近のぽんたの寝姿勢について書きました(記事はこちら)。
 不自然なうつ伏せの状態で寝ていることがほとんど。しかも体を横たえるのは至難の業で、寝床でグルグル回り(下半身はほとんど位置を変えずその場でズルような感じ)バランスが崩れて体が倒れたらそのままそこで眠る、、、みたいなことも多かったのです。だから足は変な状態のまま折り畳まれてたりして起きる時に痺れて動かせない。

 そんなぽんたの寝姿勢に自然さが戻ってきましたよ!これはたった今のぽんたさん。普通に横向きで寝ています。これってすごい変化です。
Image173.jpg

2回目の施術 [アニマルカイロプラクティック]

 連休初日。めちゃめちゃいいお天気で気分さいこ〜!で、青山までストレートカイロプラクティックを受けに行ってきました。
 ぽんたさんは2回目の施術。せっかく高速使って青山まで行くのでついでにパパも受けてみることにしました(人間はあくまでついで。笑)
Image170.jpg


 ぽんたさんのこの1週間の変化、、、顔にキラキラ感が戻って、もとの美犬自慢の顔になった!

 不思議なのですが、変化を一番感じたのが「顔」なんです。以前の記事でも書きましたが3月くらいから視力の低下が著しく病院でも光すらほとんど感じていないと言われ(まだ完全に視力を失ったわけではないです)、あれほど豊かだった表情が最近ではほとんどなくなっていました。それがカイロプラクティック後から段々と生き生きとした顔になって、、、???これってカイロの効果???
 とにかく目に力が戻っています。顔を見たら「元気そうだね〜!」と言いたくなる感じ。なんでなんで??で観察して思ったのが「首の角度が上がって顔がよく見えるようになった」のかな〜と。

 それから「寝る時のヒンヒン泣き」もしなくなりました(まだ1週間だから継続性はわかりませんが)。寝姿勢が以前のような不自然な状態ではなくなってきました。

 腰の曲がりは「気持ちカーブが緩やかになってきてる?」程度で、歩行状態はまだ全然ヨタヨタ(笑)。でも施術前とはヨタヨタの種類が変わりました。以前は体の動きの少ないヨタヨタ(カックンカックン歩き)で、今は体は動いてるけど足は付いて行けてないぞって感じ。歩行困難になりはじめた頃と動きが似ています。

 以上、1回目の施術からの変化報告でした〜。

 そして本日2回目。先生からも前回に比べだいぶいいと言われました。施術後はパパを待つ間診察室で寝てしまうくらいリラックス。病院では緊張でブルブルするのが常なのにカイロでは全くしないのが不思議〜。
 この後どんな変化がおこるか楽しみです♪

 あ、ついでのパパは右足が1.3cm短くなっていましたよ。治してもらったのでこれからはまっすぐな男に戻れる?!(笑)

 ぽんたさんが通い始めたところはここです。興味のある方はチェックしてみてくださいね。http://www.straight-chiro.com/index.html

アニマルカイロプラクティック [アニマルカイロプラクティック]

Image156.jpg
 最近のぽんたが寝る時(起きる時)に鳴いているという話を前記事で書きました。おそらくどこか痛いんだろうと思われ、どうにかしてやりたいな〜とあれこれネットで検索していました。

 ケガや病気とかではないので「こうすれば治る」っていうもんでもないし、16歳っていう年齢からすればある程度は仕方が無いんだろうし、、、。もしぽんたの腎臓が悪くなっていなければ痛み止めで痛みの軽減を計るっていうのを選択していたと思います。でも実際はそれができないわけで、、、。
 ずっと続けてきた鍼治療も最近は以前ほど効果を実感できなくなっていて何か他のアプローチをと考えた時、先日自分が受けた骨盤矯正の考え方が犬にも当てはまるんじゃないか?と。でも人間の整体はそこら中にあるけど犬は???調べてみたら数は少ないけどいくつかヒットしました。
 すごく心引かれた所は山口県で、さすがにぽんたを連れて行くにはハードルが高い!すでに輸送に耐えられないので無理。やっぱり関東で考えないとね、、、で、見つけました〜!!!!これなら試してみたいと思えるところが。
 アニマルカイロプラクティックの専門医。“ストレート”カイロプラクティック(http://www.straight-chiro.com/index.html)。やっぱり東京はいろんなお医者さんが揃っています!早速連絡して今日のお昼に行ってきました。

 事前にメールでも状態を簡単に説明してありましたがまずは現状把握の為、病院の外の公園で歩行の確認。その後部屋の中で触診して施術自体はあっという間!ぽんたの場合はまだ背骨が完全に固まっておらず少しですが動く状態なのでこれから改善の余地があるそうです。その後は背骨に負担のかからない抱き方や暮らしの中でのリハビリについて細かく教えてもらいかなり勉強になりました。今まで自分達が思っていたのと真逆のこともあり目から鱗。今後に期待が持てました。
 鍼治療をお休みしてカイロプラクティックをこれから少し続けていくことにします。16歳なりの健やかな暮らしが続けられるように。
アニマルカイロプラクティック ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。